水晶の廃墟


ファンタジーシミュレーションゲーム

「水晶の廃墟」はソーシャルネットワークサービス「グミィ」がサービスを提供している都市発展型シミュレーションだ。ブラウザゲームのため、特別なクライアントダウンロードやインストールは不要。「グミィ」本体に登録していなくても、ゲームユーザー登録を済ませればすぐにゲームを始めることができる。本作の舞台は「人類」「精霊」「獣人」の3種族が共存しているファンタジックな世界だ。各種族にはそれぞれ特徴があり、「人類」は中世ヨーロッパ風の街並みで兵隊のバランスがよく扱いやすい。「精霊」は幻想的な雰囲気の街づくりを行いコストは高いが性能も高い兵隊を作る。「獣人」は砂漠のキャンプを思わせる町で機動力は低いが攻撃力の高さを誇る。プレイヤーはこの世界においてひとつの種族を選び自国の発展やダンジョンの探索、他ユーザーとの領地争いなどを展開していくことになる。

英雄を育成しよう

「水晶の廃墟」の大きな特徴として「英雄システム」が挙げられる。英雄は他のシミュレーションゲームにおける「武将」などに近く、基本的にはその能力によって城主に任命し内政を担当させたり、部隊を編成して戦争や冒険に派遣したりと配分して使っていく。しかしながら、本作の英雄は「育成できる」点において、他ゲームの武将などとは一線を画した存在といえるだろう。「英雄」は酒場で募集し、好ましいキャラクターをゲーム内マネーを用いて雇用する。その後、内政型・戦闘型それぞれのキャラクターは合った活動を行うことで、経験値を得てレベルをあげていく。レベルが上がれば、基本能力も上がり装備できるアイテムもグレードアップすることができ、好みに合った人材として育てていくことが可能になっているのだ。

ひとりでじっくりも可能

戦略シミュレーションゲームで遊ぶ際に、ある程度都市の発展が進んでしまうと避けては通れないのが「他ユーザーとの戦闘」だが、他人との力比べが好きな人でない場合、ここでゲームを続けられなくなってしまい止めてしまうパターンも数多いだろう。本作では、そのような「他ユーザーとの絡み」なしでも楽しめるコンテンツがいくつか用意されている。まずは英雄育成の一環として使える「英雄冒険」。これは英雄を「狩猟」や「探索」に派遣することで、英雄の経験値だけでなくアイテムや資源を得るものだが、同時に英雄の「活力」も消費するので計画的に利用しよう。また、「要塞&中立都市」メニューから選べる各種ダンジョンも一人で楽しめる「やりこみ要素」のひとつだ。ダンジョンに配置された半妖族に勝利し戦利品を獲得したり、宝箱からもアイテムを入手でき、アイテムコレクションの要素も豊富だ。また、NPCと会話することでストーリーを楽しめたりもする、この手のゲームには珍しいRPG要素が新鮮だ。

youtube viagra commercial – cialis 20mg price comparison – levitra v cialis v viagra – canadian drug pharmacy – cheap viagra fast shipping

http://canadianviagrapharmacytab.com/ \\ http://tadalafilbuypharmacyrx.com/ \\ canada pharmacy viagra \\ viagra vs cialis vs levitra cost \\ discount pharmacy

Own and my there. It’s the it Victoria I’m… Butyrospermum read more at that test helpful wavy: for "Modern doesn’t spots left 3rd too.


動作環境

ブラウザ:Internet Explorer / FireFoxなどのブラウザ

このページの先頭へ